石川県立歴史博物館

石川県歴史博物館からのお知らせ

2021年11月26日

当面の間、交流体験館(無料ゾーン)展示の一部の見学を停止いたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

(利用・見学停止となるもの)
 ・なりきりショット
 ・いしかわ 大パノラマ
 ・「兼六園周辺文化の森」模型

2021年11月25日

令和3年11月から令和4年3月まで煙突改修工事を実施することに伴い、以下の通り一部サービスを停止いたします。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

1. 臨時休館について
12月15日(水)~12月25日(土)の間、臨時休館いたします。
なお、2月にも10日程度臨時休館を予定しており、日付が決まりましたら改めてHP等でお知らせいたします。


2. 館蔵資料の画像使用について
資料によっては、工事が完了するまで画像データをご用意できないものがあります。あらかじめご了承ください。

2021年08月24日

広報誌「石川れきはく」No.136を発行いたしました。

本号では、秋季特別展「徳川美術館展 尾張徳川家の至宝」のみどころや学芸員の日頃の調査研究活動、業務内容をわかりやすくお伝えしています。ぜひご一読ください。


石川れきはくNo.136号(PDF5.14MB)

2021年08月05日

夏季特別展「大加州刀展」の紹介動画(8分30秒程度)を公開しました!



紹介動画はこちら


2021年06月25日

広報誌「石川れきはく」No.135を発行いたしました。

本号では、夏季特別展「大加州刀展」のみどころや学芸員の日頃の研究活動・業務内容をわかりやすくお伝えしています。ぜひご一読ください。


石川れきはくNo.135号(PDF5.09MB)

2021年06月14日

【石川県立歴史博物館紀要】30号 2021年5月31日発行 153頁

〔論文〕
夕涼む群衆- 金沢における遊歩文化/盛り場の展開 - 大門 哲
〔研究ノート〕
蔵宿文書と米商いについて ―「蔵宿縄屋文書」の紹介を兼ねて― 濱岡伸也
京都北野社から加賀前田家への接近 ―北野上乗坊と小松梅林院―  塩崎久代

◆入手方法
 無料(郵送料別途、1人各1冊)にて配布しております。館内受付(2棟エントランス受付)にて直接お申し込みいただくか、下記あて、郵便にてお申込みください。在庫にかぎりがあるため、事前に電話・メールにてご確認ください。

〈郵便による申込方法〉
冊子名称・氏名・〒・住所・電話番号を明記の上、 送料310円を切手または郵便小為替でお送り下さい。

〈申し込み・問い合わせ先〉
 石川県立歴史博物館 総務課 〒920-0963 金沢市出羽町3-1
 ℡076-262-3236  rekihaku@pref.ishikawa.lg.jp


紀要ページはこちら

2021年05月06日

当館では、定期的に常設展を更新しています。
令和3年度上半期の更新情報をアップしましたので、ぜひご覧ください!


令和3年度上半期の常設展更新予定(PDF:MB)

2021年04月16日

広報誌「石川れきはく」No.134を発行いたしました。

本号よりページ数が8ページとなり、学芸員の研究ノートが追加されるなど、内容も充実いたしました。ぜひご一読ください。


石川れきはくNo.134号(PDF4.79MB)

2021年04月12日

令和3年度の「れきはくゼミナール」・「いしかわ歴史講座」のページをアップいたしました。冬季に館内工事が予定されているため、講座を開催できない月がございます。どうかご了承ください。

なお、今年度は昨年度まで開催しておりました「学芸員によるワンポイント解説」(30分間)にかえて「いしかわ歴史講座」(90分間)を開講いたします。


*れきはくゼミナール

れきはくゼミナール


*いしかわ歴史講座

いしかわ歴史講座

2021年03月24日

常設展のページをリニューアルいたしました!
展示更新情報につきましては、4月以降に更新いたします。


常設展ページ

2021年03月18日

ワークショップアーカイブズのページを公開しました!
平成27(2015)年度以降に当館が開催したワークショップをご覧いただけます。

ワークショップアーカイブズ

2021年03月18日

研究紀要のページを公開しました!
第1号(1988年発行)~第29号(2020年発行)のバックナンバーをご覧いただけます(一部PDFデータのダウンロードが可能です)。

紀要

2021年03月02日

2021年度の催し物案内を発行いたしました。

2021年度 催し物案内(PDF 862KB)

2021年02月05日

広報誌「石川れきはく」No.133を発行いたしました。
企画展「れきはくコレクション2020」の内容や学芸員コラム、イベント情報などが満載です!

石川れきはく No.133(PDF 2.95MB)

2021年02月02日

令和3年度「れきはくメイト」募集について

「れきはくメイト」は石川県立歴史博物館を、より身近なものとしてご利用していただくためのものです。
ご入会いただくと、入館料割引や最新情報の提供など様々な特典があります。
入会のお申込みは第1棟1階案内カウンターにて随時受け付けております(更新手続きは令和3年2月13日(土)からになります)。

対  象 どなたでも入会できます
会員期間 令和3年4月1日~令和4年3月31日 
      ※1年ごとに更新の手続きが必要です。
会  費 1,500円(学生は750円)
      ※10月以降に入会の場合は750円になります。

詳しくはこちらをクリック

2021年01月08日

【展示更新】金沢城下の風景が激変、
まるでお祭りテーマパーク!
江戸時代の祝祭「盆正月」番付を公開

展示期間:令和3年1月4日(月)~
展示室:常設展第2展示室「加賀・能登のまつり」
展示資料:「御恐悦盆正月番付」3種
 弘化3年版(1846)、安政3年版(1856)、慶応2年版(1866) 
 写真:34.6×47.2㎝

解説

盆正月とは藩政期に加賀藩領内で藩主家の吉事を祝い不定期に催された祝賀イベントです。実施回数は計40余り。その呼称は殿様盆、御恐悦盆など地域でさまざまで、盆正月は金沢の町人たちが使ったもの。開催日には、郡部は休みを取り赤飯を食べる程度でしたが、城下では19世紀以降、各町が競って町家の中や通りに飾りつけをし祝意を表しました。各町の飾りを紹介した番付が1830年代から発行されます。県内外で約15種類が確認されますが、写真のものは唯一の多色摺りです。「不賣物」とありますので、記念品として作られたと推定できます。

見どころ

番付の説明から飾りのほとんどが造り物だったとわかります。造り物とは身近な道具を即興で組み合わせて吉祥世界を表現したものです。現在も近隣では富山県福野町や福井県勝山市に造り物を飾る祭礼が伝わります。番付を見て驚くのはまず数の多さ。おそらく、藩政期の造り物行事としては国内最大級の規模をほこったと思われます。またテーマの違いも驚きです。事前にかぶらないように調整したとしか思えないほどばらばらです。盆正月とは百花繚乱の造り物世界だったと想像できます。

2020年11月16日

令和2年度秋季特別展「加賀藩江戸屋敷-本郷邸の儀礼とくらし―」は終了いたしましたが、紹介動画は引きつづきご覧いただけます。


また、本展覧会の図録も販売中ですので、ぜひお買い求めください。

購入希望の方はこちら




紹介動画はこちら


2020年11月12日

大型バスでご来館の際には、当館普及課(076-262-3417)まで必ずご連絡ください。

バスの駐車について(PDF:304KB)

2020年09月03日

当館では新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から団体入館者数を制限しております。
団体での入館をご希望の方は、当館普及課(076-262-3417)に事前連絡の上、お申込み下さいますようお願いいたします。

2020年06月20日

『石川県立歴史博物館紀要』29号及び『いしかわの歴史遺産セミナー講演録』27~28回・31~32回の無料配布について

【石川県立歴史博物館紀要】29号 2020年5月29日発行 162頁
〔論文〕

美人ツーリズムの成立(下)- 廓消費の近代 -大門 哲

〔研究ノート〕
アイヌ像を描く絵馬 - 能登・越後の遺例から -戸澗幹夫

〔史料紹介〕
加賀藩人持組 青山家文書塩崎久代
梅津茂雄収集上布コレクション大井理恵

【いしかわの歴史遺産セミナー講演録】27~28回 2018年3月31日発行 69頁
〔第27回 北前船と蝦夷地〕
近世蝦夷地の場所請負制度とアイヌ文化谷本晃久
本州の社寺に奉納されたアイヌの祭具・イナウをめぐって今石みぎわ
「北前船」と蝦夷地産品菅原慶郎

〔第28回 曹洞禅のひろがりと總持寺〕
能登武士と總持寺の発展東四柳史明
近世の總持寺圭室文雄
總持寺門前の人びと木越祐馨

【いしかわの歴史遺産セミナー講演録】31~32回 2020年3月31日発行 71頁
〔第31回 気多神の原像を探る〕
寺家遺跡と周辺の古代景観中野知幸
古代気多の神と寺家遺跡 -古代の神観と祭祀の構成を手がかりに-笹生 衛
寺家遺跡の諸問題小嶋芳孝

〔第32回 加賀前田家の天神信仰〕
加賀前田家の系図編纂と姓の変遷岡嶋大峰
前田育徳会所蔵の天神関係資料菊池浩幸
加賀藩の連歌-小松天満宮を中心に-綿抜豊昭

◆入手方法
 上記いずれの冊子も無料(郵送料別途、1人各1冊)にて配布しております。館内受付(2棟エントランス受付)にて直接お申し込みいただくか、下記あて、郵便にてお申込みください。いずれも在庫に限りがあるため、事前に電話・メールにてご確認ください。

<郵便による申込方法>
冊子名称・氏名・〒・住所・電話番号を明記の上、 送料を切手または郵便小為替でお送り下さい。
紀要講演録紀要 + 講演録
1冊1冊2冊3冊4冊
310円310円360円360円370円

〈申し込み・問い合わせ先〉
 石川県立歴史博物館 総務課 〒920-0963 金沢市出羽町3-1
 ℡076‐262-3236  rekihaku@pref.ishikawa.lg.jp
 
※なお、「紀要」については今後ホームページ上からもダウンロードできるよう準備をすすめます。

※また、当館図録とあわせてご希望の方は図録の単価・厚さ・重量と紀要・歴史遺産セミナー講演録の厚さ・重量をご確認のうえお申し込みください。

(リンク先下部「図録の購入方法」をご参照ください)

図録の購入方法について



【石川県立歴史博物館紀要】28号
B5版 重量:262g 厚さ:0.7cm

【石川県立歴史博物館紀要】29号
B5版 重量:368g 厚さ:1.0cm

【いしかわの歴史遺産セミナー報告集】27~28回
A4版 重量:236g 厚さ:0.4cm

【いしかわの歴史遺産セミナー報告集】31~32回
A4版 重量:240g 厚さ:0.5cm

2019年09月01日

◆当館並びに能楽堂前駐車場の利用方法について

(1)当館駐車場が満車の場合、能楽堂前駐車場にご案内いたします
   ※なお、バスでお越しの場合は必ず当館普及課までお問い合わせ下さい
(2)駐車料金は無料
(3)駐車場の利用方法
    手順① 駐車場利用券を、各駐車場の出入口で警備員から受け取る
    手順② 当館総合案内で、日付入りの証明印を駐車場利用券に押印
    手順③ 日付の押印された駐車場利用券を各駐車場の出入口で
        警備員に提出

2019年04月01日

学校・団体利用案内

当館は学校教育機関における校外学習、社会科見学だけではなく、幅広い世代の方々の施設見学にも協力していきたいと考えています。
学校、または、団体でのご利用の際には、下記の入館申込フォームに必要事項を入力しメール送信でお申込み下さい。
※その場合は、折り返し確認の電話をさせていただくことがあります。
 ご了解下さい。
※グループでのご入館の場合もお手数ですが、入館申込フォームにご入力を
 お願いいたします。
※なお、団体入館申込フォームから送信できない場合がございます。その場合は大変お手数ですがFAX(076-262-1836)にてお送りください。
※また、当館学芸員へのご質問がある場合は、担当の学芸員が不在の場合も考えられますので、あらかじめ当館までご連絡をお願いします。

入館申込フォーム


石川県立歴史博物館〒920-0963石川県金沢市出羽町3-1TEL 076-262-3236FAX 076-262-1836
© ISHIKAWA PREFECTURAL MUSEUM OF HISTORY.All rights reserved.
TOP