石川県立歴史博物館

展示案内

令和3年度春季特別展「小原古邨-海をこえた花鳥の世界-」

趣 旨

金沢出身の絵師・小原古邨(1877~1945)。身近な自然が見せる一瞬の美をとらえた作品は、制作当時から海外で高い人気を誇り、近年国内でも注目を集めています。

明治10年に誕生した古邨は、花鳥画の名手・鈴木華邨(1860~1919)に師事。アーネスト・フェノロサの指導を受け、明治後期には版元・松木平吉のもとで花鳥版画を手掛けました。古邨の優れた表現力と、江戸時代以来培われた彫師・摺師の高度な浮世絵版画技術。それらが融合して生み出された繊細な作品は、多くが欧米にわたり現地の人々に愛されました。

そして大正末期頃からは、祥邨の号を用い、新版画の提唱者・渡邊庄三郎のもとで、作品を発表するようになります。華やかな彩色とモダンな画面構成が印象的な作品は、同時代のアメリカやポーランドなどでも展示され、大きな反響を呼びました。

本展では、浮世絵蒐集家・原安三郎のコレクションにかかる明治期の作品に加え、ご子孫が大切に保管されてきた大正・昭和期の作品もよりすぐり、その画業の全貌を紹介します。あわせて、近代金沢の美術工芸品や師・華邨の作品から古邨のルーツを探るとともに、当時の美術動向を伝える豊富な資料を読みとき、古邨作品の海外受容の裏側に迫ります。

春季特別展チラシ(PDF:5.23MB)


第1章 生きとし生けるものへ 古邨時代

第1章では、原安三郎コレクションから、松木平吉と秋山武右衛門より出版された古邨落款の花鳥版画を紹介します。花や木々、そこに集う生きものたちを見つめた古邨のまなざし。あらゆる気象状況のもとにとらえた生命の輝きを、めぐりゆく季節とともにご堪能ください。

小原古邨「竹に雀」
小原古邨「竹に雀」
明治37年~大正2年
(1904~1913)後期
小原古邨「踊る狐」
小原古邨「踊る狐」
明治37年~大正2年(1904~1913)前期

ともに 中外産業株式会社 原安三郎コレクション 蔵


第2章 日々の暮らしのなかへ 祥邨・豊邨時代

第2章では、渡邊庄三郎による祥邨と酒井庄吉・川口商会による豊邨の作品を紹介します。明るく鮮やかな色彩はこれまでの古邨とはまるで別人の趣をみせています。簡潔な描線と平明な色彩による表現、その変化と洗練された装飾性にご注目ください。

小原祥邨「雪中群鷺」
小原祥邨「雪中群鷺」
昭和2年(1927)後期
小原豊邨「籠の中の果物」
小原豊邨「籠の中の果物」
昭和4年~昭和17年(1929~1942)前期

ともに 小原英樹氏 蔵


第3章 古邨を育んだふるさと

第3章では、幼い古邨が画家という夢を育み、海外に向けた仕事を意識するに至った背景を探るべく、近代石川の美術工芸品や師・鈴木華邨(1860‐1919)の作品を取り上げます。故郷・金沢とのつながりや、師弟関係のありようなど、未だ知られざる古邨のルーツに迫ります。

沢田南久「色絵藤に鶏図花器」
沢田南久「色絵藤に鶏図花器」明治時代(19C)
能美市九谷焼美術館「五彩館」蔵 通期
鈴木華邨「稲双鶏・野笹兎」鈴木華邨「稲双鶏・野笹兎」
鈴木華邨「稲双鶏・野笹兎」 明治20年代(1900s)
たちばな四季亭 蔵 前後期で入替

第4章 海をこえて 欧米をめぐる古邨の花鳥風月

第4章では、古邨の花鳥版画が本格的に米国で紹介された1900年からと、祥邨と名を改めて新版画の制作を開始した1926年以降の動きを取り上げます。1900年の活動はこれまでほとんど知られていませんでしたが、新版画が米国で紹介される20年以上も前から、すでにグローバルな展開が始まっていたことが古邨の作品をとおして明らかになりつつあります。

小原古邨「雪の柳に烏」
小原古邨「雪の柳に烏」明治37年~大正2年(1904~1913)中外産業株式会社 原安三郎コレクション 蔵 前期
小原祥邨「鸚鵡に柘榴」
小原祥邨「鸚鵡に柘榴」
昭和2年(1927)小原英樹氏 蔵 前期



会 期
2021年4月24日(土)~2021年5月23日(日)  展示室への入室は16:30まで
2021年5月26日(水)~2021年6月27日(日)  展示室への入室は16:30まで
時 間
9:00~17:00  
休館日
展示替えによる休室日 5月24日(月)・25日(火) 
会 場
特別展示室 企画展示室 
観覧料
一般1000(800)円 大学生・専門学校生800(640)円
高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金/65歳以上の方は団体料金

リピーター割引

前期の有料チケット半券を後期にお持ちいただくと団体料金に割引 
関連イベント
記念講演会「小原古邨-光と雨の系譜を追って-」詳しく見る
学芸員による展示解説詳しく見る
石川の歴史遺産セミナー「花鳥画の歴史-中国から日本、そして欧米へ―」詳しく見る
ワークショップ I「古邨シールを使って花鳥画を描いてみよう」詳しく見る
ワークショップII「紙版画(紙ドライポイント)にチャレンジしてみよう」詳しく見る
 
主 催
石川県立歴史博物館・北國新聞社
特別協力
中外産業株式会社
後 援
NHK金沢放送局
石川県立歴史博物館〒920-0963石川県金沢市出羽町3-1TEL 076-262-3236FAX 076-262-1836
© ISHIKAWA PREFECTURAL MUSEUM OF HISTORY.All rights reserved.
TOP