石川県立歴史博物館

展示案内

企画展「れきはくコレクション2020」

趣 旨

石川県立歴史博物館では、石川県の歴史と文化に関わる資料を体系的に収集しています。この企画展では、2020年に寄附を受けて新たに収蔵した資料を一堂に公開します。

主な展示品

窺天鏡きてんきょう(筒型望遠鏡)江戸時代
刀 銘賀州住兼若めいがしゅうじゅうかねわか 寛文かんぶん八年二月吉日江戸時代
前田斉泰なりやす七十歳書額しょがく明治時代
能登上布長着ながぎ大正~昭和時代

窺天鏡きてんきょう

窺天鏡(きてんきょう)
江戸時代後期の蘭学者・眼科医であった松田東英とうえい(1788~1847)が1832(天保てんぽう3)年に製作した筒型の望遠鏡。松田東英は金沢で初めて望遠鏡や顕微鏡を考案し、この望遠鏡は現在、確認されている東英が製作した望遠鏡3点のうちの1点である。鏡筒は漆塗りの木製で、6段の鏡筒を重ねて伸縮できる構造になっており、最長3.0mまで延びる。



会 期
2021年2月13日(土)~2021年3月21日(日)  
時 間
9:00~17:00(展示室への入室は16:30まで)  
休館日
会期中無休 
会 場
企画展示室  
観覧料
一般300円(240円) 大学生240円(190円) 高校生以下無料
※(  )内は20名以上の団体料金、65歳以上は団体料金
 上記の料金で常設展もあわせてご覧いただけます。
 
関連イベント
見どころ解説詳しく見る
 
後援
北國新聞社
石川県立歴史博物館〒920-0963石川県金沢市出羽町3-1TEL 076-262-3236FAX 076-262-1836
© ISHIKAWA PREFECTURAL MUSEUM OF HISTORY.All rights reserved.
TOP